恵比寿・広尾歯科

土・日・祝も休まず診療

お問い合わせ・ご予約

03-5422-8494

院長へのご意見

    ホームページからご予約の患者さまへ
  • クリーニング、 定期検診をご希望の方はTELにてご予約お願いします。
  • 担当医の指定はできかねます。

診療内容

診療内容

審美歯科について

恵比寿・広尾歯科の特徴

恵比寿・広尾歯科の特徴

  • 恵比寿・広尾歯科の審美歯科治療は、基礎となる歯科治療を徹底して施すことがスタートです。どんなに高精度の高価なつめものをしても根の治療(根幹治療といいます)が疎かでは、いずれ歯そのものを抜くことになりかねません。そのうえで、からだに最大限安全な材料、治療法で見た目にも優れた審美治療をおこないます。その場合も必要以上に歯を削ったり抜くことはしません。できるだけ歯とからだに優しい(低侵襲)治療を実践します。
  • また患者さんのお考えやご希望を尊重した治療をおこないます。審美治療についても事前の治療計画に基づく、患者さんの同意と了解によって進みます。それは機能的なことはもちろんですが、費用についても同様です。「白い歯にしたい」というご要望にも症状、治療内容、素材によって大きな開きがあるのです。医師の考え方だけを無理に押しつけるような診療、治療は致しません。そして審美治療において、最も大切なことは咬み合わせ(咬合といいます)です。見た目だけにとらわれず、治療を終えたあとに快適にお食事を楽しんで頂ける機能性こそが審美治療の真の価値です。

歯の色を白くしたい、歯の形を美しくしたい方

歯の色を白くしたい、歯の形を美しくしたい方

  • 審美歯科というと「見た目」を気にする人だけの治療と思われがちですが、決してそんなことはありません。白く美しい歯はあなたをより魅力的に、そして自信に溢れた本来の自分に戻します。審美歯科は、言い換えれば自分自身の魅力や自信を取り戻す「気持ちの治療」でもあるのです。
  • 「歯を白くしたい」という場合も、幾つかの症状と状態に分かれます。
  • 最も多いのは保険の治療で行う「金属の詰めもの(メタルインレー)が気になる」というご相談です。これは俗に言う「銀歯」というもので実際は、主に金銀パラジウム合金というもが使われています。白い歯に銀色の詰めものですからとても目立ちます。
  • また歯と金属では堅さや強さが異なることから金属の詰めものが原因で歯が割れてしまったり、患者さんによっては金属アレルギーの原因物質となることもあります。そして金属の「蓋」の中で隙間から菌が入り、中でむし歯が進行していることも少なくありません。
  • この金属の詰めものをコンポジットレジン(ペースト状で固まると白くなるもの)や、セラミックの詰めもので治療します。この詰めものをセラミックインレーと呼びます。コンポジットレジンの一部では保険適用になるものもありますが、セラミックによる白い歯の治療、より自然で美しい高機能なコンポジットレジンは自由診療(自費)となります。
  • 歯自体の色や形が気になるという場合は、前歯を中心として笑った時に見える歯に対するお悩みが多く、より審美的といえます。歯の着色はコーヒーや紅茶など食生活、喫煙など生活習慣、テトラサイクリンと呼ばれる抗生物質による要因のものと多岐にわたります。
  • 主にホワイトニングにより歯の白さ(シェード)を改善します。恵比寿・広尾歯科ではこの場合もやみくもに白さだけを追い求めず、患者さんに即したご提案を致します。アメリカで発展したホワイトニングは、薬剤の特性や肌と白さのバランスが必ずしも日本人に適していない場合もあります。ホワイトニングにおいても満足頂ける効果と低侵襲の安心を両立します。
  • 一方でホワイトニングによる改善が期待できない場合は、ラミネートベニア(極めて薄い歯のつけ爪のようなもの)を用いることもあります。ラミネートベニアによる治療では色だけでなく形や隙間など、より審美的な治療をおこなうことも可能です。

噛み合わせや歯の並びを良くしたい方

噛み合わせや歯の並びを良くしたい方

  • 噛み合わせと歯並びの治療は主に成人前のものと思われがちですが、現在は技術が大きく進み「大人の歯列矯正」がスタンダードとなってきました。矯正治療は「見た目の歯並び」と「機能的な噛み合わせ」が両立しないと、治療本来の目的が損なわれてしまいます。
  • 恵比寿・広尾歯科では他の治療はもちろんですが、特に矯正治療における機能性を重視しています。矯正治療はよく知られたワイヤーを全面につけるもの、装置が全く見えない裏側矯正と呼ばれるもの、透明なマウスピースで装置を気にせずにおこなえるものと色々な種類があります。症状を診察させて頂いたうえで患者さんにとって最も効果的で負担の少ないものをご提案しています。
  • また矯正治療は歯周病同様、長期にわたる治療ですから患者さんと医師の協力、信頼関係は欠かせません。矯正治療は担当の矯正認定医が相談に応じます。予約制で診療日は限られますが、十分な経験を持つ矯正医があなたとしっかりと向き合った治療を行います。