恵比寿・広尾歯科

土・日・祝も休まず診療

お問い合わせ・ご予約

03-5422-8494

院長へのご意見

    ホームページからご予約の患者さまへ
  • クリーニング、 定期検診をご希望の方はTELにてご予約お願いします。
  • 担当医の指定はできかねます。

診療内容

歯周病

歯周病外来(歯周病治療)

    • 恵比寿・広尾歯科では 「歯周病の治療と予防」を大切に考えています。歯周病の予防は全ての歯科治療の基本です。
      どんなに良い詰めものをしても、美しい審美治療をおこなっても、インプラント治療しても歯周病を患ってしまっては、結果として歯を失うことに繋がります。
      そして歯周病が全身疾患(からだの病気)のリスクファクターとなることが知られるようになりました。 心臓血管疾患や糖尿病は良く言われますが、肺炎や骨粗鬆症など、文字通りからだ全体の健康を脅かす恐れがあります。
      恵比寿・広尾歯科では歯周病外来として歯周病認定医を配置し、特に歯周病の治療と予防に特化した診療日を設けています。
    • 歯周病認定医 前島 哲也
    • 歯周病外来 担当
    • 恵比寿・広尾歯科では 「歯周病の治療と予防」を特に大切に考えています。歯周病の予防は全ての歯科治療の基本といっても過言ではありません。
      どんなに良い詰めものをしても、美しい審美治療をおこなっても、インプラント治療を施したとしても、歯周病を患ってしまっては、結果として歯を失うことに繋がります。
      そして歯周病が全身疾患(からだの病気)のリスクファクターとなることが知られるようになりました。 心臓血管疾患や糖尿病は良く言われますが、肺炎や骨粗鬆症など、文字通りからだ全体の健康を脅かす恐れがあります。患者さんが望まれるのは治療した歯がいつまでも綺麗に保てること、歯を失わず歳を重ねても自分の歯で食べられることではないでしょうか? 恵比寿・広尾歯科では歯周病外来として認定医を配置し、特に歯周病の治療と予防に特化した診療日を設けています。
    • 前島 哲也
    • 歯周病外来 担当

歯周病って?

  • 歯周病の症状
  • 歯周病にかかっていない健康な歯ぐきと、歯周病の歯ぐきの違いは歯の周りについている歯石(黒い部分)が悪さをして歯を支える骨・歯ぐき・歯に炎症をおこして、歯を支える組織を破壊するのが歯周病と言われる状態で歯槽膿漏とも言われます。
  • 歯周病の症状
  • 歯周病にかかっていない健康な歯周組織の状態は左のイラストです。 セメント質・骨・歯ぐき・歯からなりす。歯石が付着すると歯周病を誘発して回りの組織を破壊して歯ぐきがさがっていきます。最終的に 骨を溶かし歯を支える組織がなくなってしまいこの歯は抜けてしまいます。 これが歯周病です。

歯周病の治療

  • 歯周病の治療方法
  • 左側が健康な歯ぐき (歯肉)、 右側が歯周病にかかってしまった歯ぐきのイラストです。歯周病は歯石をキレイにすることで歯ぐきの症状が改善することが殆どですが、 症状が悪化すると稀に深い歯周ポケットに歯石が入り込み通常のやり方では治療できません。 歯周病を治すためには歯ぐきをめくり上げて切開し、奥まで見えるようにして歯石を取り除く治療が必用になります。
  • 歯周病認定医として早計に歯石を1度で取る方法は治療としてお薦めしていません。 数回に分けた歯石除去と毎日の歯ブラシケアで理想的な歯周病治療ができます。

歯周病治療中の歯ブラシ

  • 歯周病の歯ブラシの仕方を説明します。 歯ぐきのマッサージも歯周病治療では必要です。 方法は歯ブラシを歯ぐきに対して斜め45°にあてます。 横にずらすように全体的にマッサージをしていきます。 通常と違い、 必ず歯ブラシの毛先が留まってマッサージをするようにするのが歯周病の歯ブラシのポイントです。
  • 簡単なようですが意外と難しいので練習が必用です。 正しい歯ブラシの方法も治療の中で指導しますので、一緒に歯周病の治療、予防を頑張っていきましょう。