診療内容

診療内容

インプラントの特徴

痛みに配慮したインプラント治療

痛みに配慮したインプラント治療

  • 歯周病やむし歯、外傷などが原因で無くなってしまった歯を補う治療です。チタン製のインプラント体を顎の骨に埋め込み、上部構造物という人工歯をつくります。
  • 恵比寿・広尾歯科では痛み、怖さに配慮した治療を実践しています。精密な検査と診断に基づく治療計画を分かりやすくご説明して、心の不安を共有すること。そして術中の痛みを具体的に軽減することです。インプラント治療では、局所麻酔を使いますので痛みはほとんどありません。しかし特に痛みに敏感な方、デリケートな方などインプラントの手術は怖いという感じる場合は、よりリラックスして手術を受けることができる「静脈内鎮静法」という麻酔法で施術いたします。

信頼性の高いドイツ製インプラント

信頼性の高いドイツ製インプラント

  • 恵比寿・広尾歯科では、ドイツのカムログ(camlog)社のインプラントを採用しています。院長がこれまでの治療・臨床から、日本人のお口や骨格に親和性の高いカムログ社の製品を中心にインプラント治療にあたっています。
  • また、恵比寿・広尾歯科は、カムログ社のインプラント専門のトレーニングを受けた医師・スタッフが治療にあたり、多くのインプラント実績を持っています。
  • ※カムログインプラントシステムは、長期にわたる基礎と臨床研究に基づいて、ドイツで開発されたインプラントシステムです。ヨーロッパ、アメリカ、アジア各国など世界中で多くの患者さんの口腔機能の再建に使用されています。

インプラントの必要性

  • これまでの治療では歯の無いところは、入れ歯やブリッジによる治療が行われていました。しかしこれらの治療では歯を多く削る必要があったり、歯肉など歯周組織に大きな力がかかり負担になっていきます。1つの治療のために他の部位に負担をかけることで将来、問題になる歯や場所が増えてしまいます。そうしたリスクを低減するためにも、歯の無いところだけ最小限の影響(低侵襲といいます)で治療ができるインプラント治療があります。
  • 見た目に固く強い様に思われがちですが歯は移動します。歯の無いところがあり、長期間そのままにしておくと、残っている歯に過大な力がかかり、歯並びが変化してくる、歯が折れる、歯がグラグラする、それによって歯に被せ物ができないなど様々な障害が出てきます。
  • より効果的な歯周病治療や、審美的治療を成功させるためにインプラントが必要になることは多く見受けられます。恵比寿・広尾歯科で歯周病の予防に特に力を入れています。インプラント治療後に最も大切なことはメンテナンスとケアです。例えインプラント治療が成功しても、予後の歯周病で残りの歯が病んでしまっては元も子もありません。

安全性の高いインプラントの抜歯即時埋入について

事故や歯周病でどうしても抜歯をしなければならない歯のインプラント治療について、前歯を例にご説明します。特に目立つ前歯はできるだけ早く綺麗な歯で治したいという患者さんの希望があります。そこで CTのデジタルデータを元にインプラントを精確に埋入する、3Dプリンタによる「サージカルガイド」を作成して、人為的ミスの少ないインプラント治療を提供しています。

インプラントの費用

インプラント手術 324,000円~378,000円
インプラント上部構造 162,000円