診療内容

診療内容

一般治療歯科について

一般治療歯科について

恵比寿・広尾歯科の特徴

  • 私たち恵比寿・広尾歯科の基本は一般歯科です。そして「自分たちが患者として受けたい歯科治療」を医師、スタッフで目指しています。むし歯の治療というとあまりに「普通」のことで軽視されがちですが、全ての治療の基本となる大切な治療です。
  • むし歯はミュータンス菌と呼ばれる細菌により引き起こされます。このミュータンス菌は赤ちゃんのお口には存在しません。お母さんの口移しなど食事のあたえ方により赤ちゃんのお口に感染することが分かっています。このミュータンス菌はバイオフィルムという細菌膜をつくり、とても強固で簡単には死滅しません。
  • むし歯治療は穴が開いた歯を削って埋める治療ではありません。健康な歯を傷めず削らずにむし歯に侵されたところだけを除去します。最大限ミュータンス菌を除菌した上で、むし歯の穴を修復します。歯の表側だけでなく深く侵されている場合は、根の治療(根管治療)をおこなった上で修復治療を施します。
  • そしてバイオフィルムの除去を目的とした、PMTC(歯科衛生士によるプロのクリーニング)や、3DS(抗菌療法)という予防歯科もおこないます。歯周病外来をもつ、恵比寿・広尾歯科ならではの予防への取り組みは、一般歯科治療においても活かされます。

むし歯について

  • むし歯を丁寧に取り除いて、修復治療をおこないます。むし歯は菌によって作られた酸が歯を溶かすことで進行します。一般的なむし歯治療ではこの際に健康な歯も一緒に削っていきます、私たち恵比寿・広尾歯科では柔らかくなった、むし歯の部分だけを丁寧に取り除くことで、健康な歯を最大限残す治療を心がけています。
  • むし歯に侵された歯を除去したのち、被せ物(保険診療・自由診療によって材質は異なります)により歯の形を治してゆきます。

歯ぐき(歯肉)について

  • 歯磨きのとき歯ぐきから出血のある方は、歯肉の炎症を生じているかもしれません。これは初期の歯周病の状態です。このままの状態が続くと歯周病が進行してしまい、歯がグラグラする、物を噛むと痛いなどの症状を引き起こす可能性があります。何か口の中におかしな臭いや味を感じる場合も精査してみる必要があります。むし歯にや歯肉炎に限らずお口の病気も早期発見、早期治療が大切です。
  • また、小中学生に多く見られる歯肉炎は適切な治療でほとんどの場合改善します。

顎関節症について

  • 成人、特に若い女性の間に多くみられるのが顎関節症(がくかんせつしょう)です。最近はメディアでも取り上げられる事が増えましたが、主に顎の関節周辺からカクッとした異音やザラついた感じなど違和感に加えて、時には激しい痛みを伴うことがあります。肩こりや耳鳴りの原因となったり、顎関節症が進行すると口を開けられないほど(開口障害)になることがあります。
  • 顎関節症の主な原因は噛み合わせです。そのため他の関節症と異なり歯科での治療が中心となります。顎のまわりの筋肉が原因ということもあれば、関節自体の原因もあります。検査によって治療計画を立てますが、基本的にはスプリント(マウスピースのようなもの)を正しく装着いただくことによって、正しい噛み合わせに導きます。
  • 極めて重度な場合や、先天的な後天的な奇形がある場合を除いては、外科的な方法を採ず、装具による補正と咬合治療で改善します。ただし数ヶ月~1年強程度の治療期間が必要なことから、患者さんと二人三脚で根気よく治療に取り組んでいくことが大切です。

歯を失った場合について

  • 恵比寿・広尾歯科ではインプラント治療をおすすめしています。
    治療に関する詳しいご説明は「インプラント」をご覧ください。