※ ホワイトニングご希望の方は、お電話にてご予約お願いします。

矯正歯科・小児矯正の特徴

矯正歯科・小児矯正の特徴

恵比寿・広尾歯科 ホーム ► 矯正歯科・小児矯正の特徴

矯正歯科・小児矯正の特徴

矯正指導医の考える理想の矯正治療とは?

  • 1975年から福岡天神の「横田矯正歯科クリニック」で約40年矯正に携わってきました。その中で実感したのは「矯正専門クリニックが必ずしもベストではない」という事です。患者さんからは「矯正をするなら専門クリニック」と感じるかも知れませんが、専門医40年の経験からお伝えできるのは「総合的にお口を治療出来るクリニックこそ理想」と言うことです。

    歯並びだけでなく噛み合わせを治療することで、人生100歳時代のポイントとなる生活の質(QOL)向上につながります。医科の治療はあたらしい価値観に代わりつつありますが、歯科は 「むし歯になったら削って詰める」そして「削れなくなったら抜いてインプラントにする」というような、旧来型の目先の治療で止まったままです。

    恵比寿・広尾歯科の矯正治療は「きれいな歯並びで笑顔に自信をもって、美味しいものをいつまでも食べられること」を大切にし、患者さんのQOLを第一に考えた矯正治療を提供します。

矯正治療は一般歯科治療と一心同体

  • 歯並びだけを整えて審美性 (見た目) に劣り、また金属アレルギーの原因にもなる「銀歯」を放置したままで良いのでしょうか?あるいは初期虫歯や歯周病のきっかけを残したままだとしたら…。それは患者さんの綺麗な歯になりたいという想いに向き合っていると言えるでしょうか?患者さんの選択した治療ならまだしも実際は「単純に専門外」ということで、一般歯科の治療をしない矯正専門クリニックが多いことをご存知でしょうか?

    保険での一般治療が中心の恵比寿・広尾歯科では、矯正は「矯正歯科と一般歯科」 がシームレスに繋がっています。大切なポイントは専門医 (スペシャリスト) と歯科医 (ジェネラリスト) が分け隔てなく治療に携わる事です。これは、矯正専門クリニックではできない理想の矯正治療です。

矯正治療が改善する二つのストレス

  • 矯正治療が歯並びだけでなく一般治療との連携が大切なのはお伝えしました。これは噛み合わせと言う物理的な力のストレスを改善します。もう一つ大切なことが心のストレスです。人はだれでもコンプレックスがあるものですが、お口や歯並びのことはとても私的であまり人に話さない傾向があります。矯正治療はこの二つを改善する治療とも言えます。

    例えば欧米ではビックスマイルと言うように大きな口を開けて笑ったり、真っ白く整った口元をアイデンティティにすることがありますが、日本では (特に女性は) 口元に手を充てて隠すことをマナーとすることも多いですね。若い世代の方はずいぶん意識が変わりましたが、やはり歯を見せる文化と歯を隠す文化の違いは大きなものです。

    心の奥では歯並びが気になっているのに心に蓋をしてしまう、思いっきり笑うことをためらってしまう、 無意識に口元に手を当てて隠してしまう… そうしたことの積み重ねが心に見えないストレスを溜めて、いずれ目に見える不調につながることがあります。

    実に矯正治療の相談に訪れる方のほぼ100パーセントが、コンプレックスを訴えて来院されます。口元に悩みを抱えている方はあなただけではありません。だからこそ心のストレスをそのままにせずに、カウンセリングに訪れて欲しいとおもいます。