※ ホワイトニングご希望の方は、お電話にてご予約お願いします。

歯科医の立場から

アソアライナー

恵比寿・広尾歯科 ホーム診療内容アソアライナー ► 歯科医の立場から

歯科医の立場から

    • 私が選んだ矯正は
      マウスピース矯正。
    • 前島 哲也
    • 歯周病治療 担当
    • 私が選んだ矯正は
      マウスピース矯正。
    • 前島 哲也
    • 歯周病治療 担当

私が自らマウスピース矯正を選んだ理由。

  • 歯科医なので歯には自信がありましたが、ちょっと歯並びで気になるところがありながらも、多忙を理由にそのままにしていました。クリニックでマウスピース矯正を導入する際に、決め手になったのはワイヤー矯正と全く異なる装着感、快適性です。
  • もちろん適材適所で向き不向きはありますが、マウスピース矯正がワイヤー矯正に大きく劣る部分はありません。やっぱり自分が納得したものを、患者さんにお薦めしたいので、気になっていた歯ならびの治療を始めました。

マウスピース矯正をして、良かったこと、困ったこと。

  • 良い所は何より目立たないこと、見えないことでした。凄く近付いて目をこらせば見えますが、そんなシーンは日常ではありませんよね。また金属の金具とワイヤーが無いので食べものが歯に挟まったり、歯みがきがし辛いこともないのは嬉しい点でした (その時はマウスピースを外します)。
  • 反対に困った事は最初、発音で戸惑いました。これは慣れなのでワイヤー矯正でも一緒ですね。あと装着時間が指定されているので、守らないと計画通りに歯が動かない点で、これは付け忘れないように気をつけています。

歯並びで悩んでいる方へ、体験者として医師として。

  • マウスピース矯正というと、ワイヤーに比べて劣るというイメージを持つ人もいたり、そうゆう説明をするクリニックもあるようですが、それは「適材適所」でどちらが一方的に優れているとか、劣っているということはありません。
  • マウスピース矯正が適合する方なら、ワイヤー矯正に比べて、身体や費用の負担が低いのは事実だと、自分が治療を体験して感じています。歯並びで悩んでいる方には、ぜひ気軽に相談して頂きたいと思います。