歯科用CTスキャナー

歯と骨をデジタルで立体撮影

CTスキャナーで見える化と安全性を

CT検査

歯科用CTはレントゲンでは見えない歯と顎の状態を鮮明な3D画像で見ることができます。これにより治療前に歯と顎の全体のコンディションをあらゆる方向(神経や血管の位置や骨密度まで)から分析することが可能となり、根管治療・歯周病治療をはじめ、特にインプラント治療での安全性を高めることに繋がります。

恵比寿・広尾歯科のCT検査

保健診療でも必要な患者さんにCT検査を実施します

歯科用CTはレントゲンでは見えない歯と顎の状態を、CT検査によって鮮明な3D画像で見ることができます。より安全性が高い歯科治療を提供するために、必用に応じて恵比寿・広尾歯科では保健診療においても CTによる診断を積極的におこなっています。

患者さんのメリット

・歯科用CTは一度の撮影でお口の中を3Dデジタル化します。歯とお口の状態をあらゆる角度から見ることが可能になり、的確な検査診断に繋がります。
・歯科用CTは痛みがなく、非侵襲的で正確な3次元データを得られます。
・歯科用CTのメリットは歯と骨、そして歯ぐきや神経、血管など軟組織を同時に3Dデータで得られることです。
・CT検査後、患者さんに放射線の影響は残りません。

歯科用CTによる診断が有効な治療は?

歯の根の治療でお困りの方も多いのではないでしょうか?また歯の根の先に膿が溜まってしまう重症化した患者さんも少なくありません。歯の根っこ(根管)は複雑な形のためレントゲンの平面的な画像では、事前に複雑な根っこの形や病巣を知ることが困難だったため経験と勘に頼っていました。
歯科用 CT によって今まで見られなかった部分を立体的に知ることで、歯の根の治療の質 (成功率や早さ)を改善することが可能となります。このように感染した歯を正確に知ることで、歯が修復不可能なほどに壊れているか?治療可能かどうか?的確に診断できます。 歯科用CT また保険外診療(自由診療)において骨移植を必要としている患者さん、また骨移植を受けてインプラント治療に備えている患者さん。また矯正歯科など歯と骨の正確な診断が必要な患者さんにも CT による診断は不可欠です。

どうしてCT撮影が大切なのか?

インプラント手術の安全性と確実性を高めるため顎の骨の正確な形状と厚さ、歯ぐきなど軟組織を立体的に知り診断する必要があります。歯科用CTで取得したデータは、サージカルガイドなど、より安全にインプラント治療を行うための補助具の作成にも必用に応じて利用されます。

歯科用CT

歯科用CTは安全ですか?

歯科用CTのX線は安全です。どのような種類のX線も放射線が必要ですが、歯科用CTのX線は医科用の1/10~1/15と放射線量が低く必要最小限の放射線量で安全にコントロールされます。これは従来型のフィルムX線より小さな放射線量です。歯科のCT撮影で受けるX線は、あなたが日常で太陽やその他の原因浴びているのと同じ放射線量です。

診療内容トップインプラント

お問い合わせ/ご予約 03-5422-8494

平日夜8時まで診療
土曜・日曜・祝日の休日診療対応

24時間WEB予約

診療時間 日・祝
11:00〜13:00
14:00〜20:00

※日・祝日のみ18:00まで

               

平日夜8時まで診療/土日祝日の診療対応

〒150-0012
渋谷区広尾1丁目11-5
朝日広尾マンション1F204号
一般歯科/小児歯科/審美歯科/矯正歯科/インプラント
※ホワイトニング、クリーニング、 定期検診ご希望の方は、お電話にてご予約お願いいたします。

03-5422-8494

24時間WEB予約

※ホワイトニング、クリーニング、 定期検診ご希望の方は、お電話にてご予約お願いいたします。

平日夜8時まで診療/土日祝日の診療対応

お電話でのご予約

24時間WEB予約