恵比寿・広尾歯科

土・日・祝も休まず診療

お問い合わせ・ご予約

03-5422-8494

院長へのご意見

    ホームページからご予約の患者さまへ
  • クリーニング、 定期検診をご希望の方はTELにてご予約お願いします。
  • 担当医の指定はできかねます。

診療内容

診療内容

歯周病治療と流れ

恵比寿・広尾歯科の特徴

歯周病ってどんな病気?

  • それでは歯周病について、もう少し詳しくお話していきたいと思います。歯周病は歯と歯を支える組織つまり歯肉、骨、歯の根にあるセメント質、歯根膜という歯を支えるじん帯の病気の総称のことです。
  • 具体的な症状としては、歯肉からの出血、歯と歯肉の隙間からうみが出る、歯肉が熟したトマトのようになっている、歯がグラグラ動く、食べ物を噛むと痛い、口臭がある。前歯の歯並びが急激に悪くなる、歯が抜ける、などの症状が見られます
  • 歯周病は生活習慣との関わりが強く、本人の自覚がなく進行している場合が多く見られます。もし思いあたる症状があれば、まず検診においでください。

(1)歯周病治療の基本「正しい歯ブラシの使い方」指導

まず「歯ブラシ指導」の徹底と「歯の汚れや歯石の除去」の徹底という基本的な治療に重点を置く事で効果的な治療をスタートします。それは建物で言うと「地ならし」にあたる基礎工事と同じように、重要な治療です。せっかく治療しても正しいブラッシングが出来ていなければ、むし歯や歯周病が再発するリスクが高まります。

だからこそ最初の段階での「歯ブラシ指導」は、歯周病治療の最初の一歩だと恵比寿・広尾歯科では考えています。

(2)より進行した歯周病の治療について

大きく歯周病は3つに分けられます。

  • 軽度の歯周病
    一般には歯肉炎という状態です。歯周ポケットが約3mm以内で歯周病菌による炎症で歯ぐきが炎症(腫れ)します。歯槽骨に影響が無い症状で正しい治療によってほぼ完治します。
  • 中度の歯周病
    かつて歯ぐきの病気の代名詞になっていた歯槽膿漏という状態です。歯周ポケットは、約4mm~6mmと進行し、腫れも酷くなり出血と膿を伴うようになります。歯周病菌が骨を侵し始め、歯のぐらつきを感じるのも中度歯周病の特徴です。
  • 重度の歯周病
    歯周ポケットは、約6mm~8mm以上と進行し歯槽骨が破壊されています。この状態では骨は歯を支えることができなくなり、前後左右にぐらつきます。歯根が露出するほどに骨が減ると上下にも歯が動くため、痛みのあまり噛むことができない程です。

恵比寿・広尾歯科では中程度、特に進行した重度の歯周病に対しては、手術による歯石、炎症の原因物質の除去(フラップ手術)、骨の移植、顎の骨の再生(歯周組織再生療法)など高度な歯周病治療により、可能な限りあなたの歯を残した治療することを心がけています。

(3)歯周病認定医が連携する一口腔単位での歯周病治療

歯周病の部分的な症状の治療だけではなく、インプラントやお口の全体の治療まで同時に行う事が可能です。咬み合わせ、審美治療、矯正治療と全てにおいて、あなたのお口全体を考えた治療を提案します。

恵比寿・広尾歯科では、特に「重度の歯周病」でお悩みの方の治療に特徴があります。専門医チーム、歯科衛生士が患者さんの支えとなり治療にあたります。これは、重度の歯周病の治療はむし歯を削る埋める治療と異なり歯肉や骨の回復を待つため、3ヶ月~年単位での治療、経過を見てゆく期間が必要となるためです。

そして歯肉の状態が改善を待って、仮の歯に変えたところの修復治療を行います。歯の形を整え歯型をとり、新しい被せものを作製してゆきます。

(4)メンテナンスにより歯周病の再発を防ぎます

恵比寿・広尾歯科の歯周病外来の治療は治療が終了した後も、年に数回定期的なお口のチエックとメンテナンスにより治療後もしっかりとしたサポートを行うことで 歯周病の再発を防ぎます。このメンテナンスにより患者さんおひとりおひとりに合ったブラッシング方法、生活習慣へのアドバイスなど行うことで、歯周病予防と同時にお口とからだの健康を守ります。

歯周病外来は毎週木曜日のみの診療になります。ご予約のうえ、歯周病でお悩みの方は、一度ご相談ください。