※ ホワイトニングご希望の方は、お電話にてご予約お願いします。

iTero

iTero

恵比寿・広尾歯科 ホーム診療内容 ► iTero (口腔内三次元スキャナー)

iTero (口腔内三次元スキャナー)

iTeroの特徴/メリット

  • 恵比寿・広尾歯科ではこれまでシリコンと石膏で作っていた「歯型」を、デジタルの3次元データにする「iTero Element」を導入しています。
    ハンドルの先をお口に入れて約10分~15分で「歯型」の取得が完了します。液状の型取り剤と違って嘔吐反応(オエッとなる反射)の強い方にも負担が少なく、レントゲンの様にX線なども使用しない安全特性を持っています。
    被せ物や詰め物の制作でも「ゆがみ」や「ズレ」の少ない高精度な「歯型」を得ることが可能です。もちろんマウスピース型矯正との相性は抜群ですので、モニターで直接矯正の治療プランを3次元の動画で確認しながら説明を受けることができる点は一番の特徴です。
iTero (口腔内三次元スキャナー)
  • モニターを使った歯型確認
  • モニターを使った歯型確認
  • 治療の様子

iTeroの特徴

  • 特徴1

    • 歯型をとらずにその場で矯正の前後を見られます
    • シリコン印象で歯型を作る方法では、お口に流し込む型取り剤による不快感(嘔吐反応)であったり、硬化させて型をつくり、石膏などで立体模型にするまでに時間がかかるというデメリットがありました。3次元によるデジタルデータでは「歯型」の模型はデジタルデータとして10分~15分程度で取得でき、矯正治療の前後のシミュレーションもモニターで確認しながらドクターの治療計画を聞くことで、より安心して矯正治療をお受け頂けるものと考えています。
  • 特徴2

    • 精度の高い「歯型」は歯科治療のスタートラインです
    • 従来のシリコン印象はゴムのように柔らかい性質上、どうしても「ゆがみ」や「ズレ」が発生します。そして「歯型」を取る人によっても経験や勘によって「歯型」の精度が大きくブレてしまいました。歯科治療の基本になる「歯型」の精度が低いと、良い治療の実現が難しいことが理解頂けると思います。
      高精度のデータから作られる補綴物(詰め物・被せ物)やマウスピース矯正装置は、治療の質や治療期間の効率化につながります。精度の高い詰め物はむし歯の再発を低くしますし、精度の高いマウスピース矯正による矯正では治療期間の短縮が期待できます。
  • 特徴3

    • 放射線を一切使わずに3次元データを取得します
    • レントゲンや CTスキャナーとも違い放射線や強力な磁気を使った機材とはまったく異なります。放射線を一切使用しないのでお子さんや妊娠中の方にもご安心頂けます。また、従来のシリコン印象剤では誤まって飲み込んでしまうリスクもありましたが、デジタルによる「iTero Element」ではこのような心配もありません。
  • STEP1 歯型のスキャニング
  • STEP2 モニターで現在の 歯型データの確認(矯正治療後のシュミレーション確認)
  • STEP3 データを元に治療計画をたてる